太陽光発電のQ&A

太陽光発電に関するQ&A

Q&A回答

  • 太陽光発電システムを導入する事でどのようなメリットがありますか?

    太陽光発電を導入する事で、お宅でお使いの電気代を安く抑える事が出来ます。

    また、余った電気は売る事が出来るため、収入に加え省エネの意識も高まり、地球環境の改善に貢献する事が出来ます。

  • 太陽光発電でシステムで発電した電気は売れると聞きましたが、本当ですか?

    発電した電気は、余剰電力買取制度により各地域の電力会社に買い取ってもらう事が出来ます。その買取価格は10年間保証されます。2011年度の電気買取価格は、発電能力が10kW未満の場合、1kWあたり42円となっております。

  • 年間でどのくらい発電量がありますか?

    地域やモジュールの種類など様々な環境により発電量は変わってきますが、おおよそシステム1kWあたり

    年間1,000kWh発電するとされています。よって3kWのシステムを設置する事で、年間3,000kWhの発電量となります。

  • 震災時などに停電した場合、電気は使えますか?

    地震などの災害時に停電になった場合、日中の太陽が出ている時間は太陽光で発電した電力を利用する事ができます。
    太陽光発電システムのパワーコンディショナーの設定を自立運転に切り替える事で、パワーコンディショナーの非常用コンセントから最大で1500W相当の電力が利用できます。また、自立運転時は売電する事ができません。

  • 台風や落雷なども大丈夫ですか?

    太陽光発電システムはしっかりとした架台設備により、強固に固定されているため、その強度は建物と同じ程度言えます。
    その為、落下する心配はありません。また落雷については、太陽光発電システムを設置した事により落雷の確率が上がるという事はございません。

  • 太陽光パネルの寿命はどのくらいですか?

    一般的に太陽光パネルの寿命は20年から30年と言われています。なお一般の家電製品同様、寿命は明確に定まっているわけではなく、統一された基準もありません。

  • 屋根には種類が色々ありますが、太陽光パネルはどんな屋根でも設置可能ですか?

    基本的に設置する事ができますが、屋根の材質や老朽化具合、日射角など様々な要因で設置が難しいケースもあります。
    弊社では20年、30年先まで考えた、しっかりとした太陽光パネルの取付をさせて頂いているため、一度現地調査させて頂き、設置が可能かを判断させて頂いております。

  • 雨漏りなどの心配はありませんか?

    ご自宅の屋根に架台を取付、太陽光パネルを設置するため、ご心配される方も多いですが、弊社の熟練したハイレベルな施工技術を持った施工スタッフが取付作業を行うため、ご心配いりません。まずは設置のご相談をお待ちしております。

  • 太陽光パネルの重みで屋根に支障はでませんか?

    建物自体の築年数等の耐久性により一概には言えませんが、太陽光パネル及び取付用の金具の重さは陶器瓦の1/3~1/4程度と軽く特に屋根への負担は問題ありません。

  • 屋根にアンテナがついていますが、太陽光パネルを取り付けて支障がでる事はありませんか?

    太陽光パネルを設置するために、アンテナを移動する事はありますが、アンテナがあって支障が出る事はございません。